特別受益とは?

特別受益とは、相続人が生前贈与を受けていた場合に、他の相続人と公平を保つため、生前贈与を受けた相続人は相続の際、生前贈与で受けた額を差し引く制度のことです。

特別受益と非課税財産

相続人が生前贈与を受けていた場合、被相続人が死亡した時に同じ相続人がまた相続すると生前贈与を受けていた相続人は、同じ被相続人からあたかも2回の相続を受けたかのようになります。

そこで特別受益とは、他の相続人と公平を保つため、生前贈与を受けた相続人は相続の際、生前贈与で受けた額を差し引く制度のことです。

特別受益の種類

(1)婚姻のための贈与

新居や家財道具の費用は当然のこと、結納金や新婚旅行費用も生前贈与とみなされます。しかし、結婚式の費用は該当しません。

(2)生計の資本としての贈与

大学・大学院の学費のほか、住居・車等の高級品が該当します。いずれにしてもかなり広く考えられ、確定された線引きはありませんので、ケースバイケースになります。

非課税財産

通常、財産を贈与すると贈与税が課税されます。しかし、財産の性質や社会的習慣や状況から課税を免除されるものもあります。

(1)社交上必要なもの

お歳暮・お中元・香典などは社会的習慣の配慮から贈与税は課税されません。ただし、常識の範囲内での贈与であることが求められています。

(2)生活費や教育費

両親等の扶養義務者から贈られる小遣いや教科書購入代金等の贈与税は課税されません。しかし、やはり常識の範囲内での贈与であることが求められます。

(3)法人財産

法人からの贈与で、個人が受けた財産は課税されません。

このように、贈与といっても利益にあたる贈与とそうでない贈与に分け、贈与を受ける人に配慮した制度となっています。

HOME | 贈与税のしくみ | 贈与税の時効 | 特別受益と非課税財産 | みなし贈与財産 |
特殊な贈与
| 不動産の贈与 | 離婚と贈与 | 外国の贈与税 |

Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy